日本人のおよそ三分の一が痔を患っている、いぼ痔の治療、症状、原因について説明。

いぼ痔の人ってどれくらいいるのでしょうか?日本医療機関の調べでは、日本人のおよそ三分の一が痔を患っているそうです。大変多いですよね。その中でもいぼ痔は一番よく見られるそうです。本サイトはいぼ痔に効く薬って?いぼ痔の治療、症状、原因について説明。

痛くて辛いいぼ痔の治療ですが、いぼ痔(内痔核)はその進行に応じて4段階に分けることが出来ます。初期の段階で治療すれば、生活習慣を改善することでそのほとんが、手術の必要なしに改善する様ですよ。

人におしりを見せるのはやはり恥ずかしいことだと思います。「あれ?なんだかおかしいな」と思ったら、なるべく早く医療機関を受診することが、早期回復、また恥ずかしい思いをせずに済むために必要です。

いぼ痔とは?
肛門付近に出来るいぼ状の腫れ
いぼ痔は正式には「痔核(じかく)」といって、その種類には内痔核と外痔核があります。読んで字のごとく、肛門の内側に出来るか、外側に出来るかの違いです。できる場所によって、症状の現れ方や治療法も変わってきます。

痔の種類には他にも、肛門の皮膚が裂けたり切れたりすることによって現れる「切れ痔」、肛門の周りに膿がたまって流れ出すトンネルができる「あな痔(痔ろう)」がありますが、もっとも多く見られるのがいぼ痔だと言われています。

原因は「いきみ」
便秘の時などにトイレでいきむ時間が長くなると、肛門部の負担が大きくなり、肛門のクッションの役割を果たしている組織への血流が阻害されます。その結果、血管が切れて出血したり、うっ血(血が貯まること)したりして、血管と結合組織が肛門の内外に現れてくることがあります。そしてこれのことを痔と呼んでいるのです。

いぼ痔(痔核)のばあいは、静脈の血管が集まっている所(静脈叢・じょうみゃくそう)に血が貯まって盛り上がってくることによって、痔が現出します。

痛み
内痔核の場合には、痛みはないか少ないことがほとんどのようです。なぜなら、静脈叢の辺りの組織には知覚神経(痛みを感じる神経)が通っていないからです。ただし症状が進んで、内痔核が肛門の外へ逸脱するようになってくると、腫れや痛みを感じ始めます。このことを医学用語で「脱肛」と読んでいます。

出血
内痔核は排便時のいきみによって腫れあがり、そこに硬い便がぶつかることによって、出血が見られます。トイレットペーパーに少しつく程度から、血液がほとばしる「走り痔」までさまざまですが、通常は排便が終わると出血も収まります。

▼他の医薬品オススメ

女性用媚薬は、性欲や性的快感を増大させるために用いる薬の総称。媚薬のタイプが多く、女性用媚薬強力効果もそれぞれがあります。

シアリスは、三大ED治療薬のなかでも最も新しいED治療薬です。今までシアリスの利用者は1,000万人を超えるといわれています。

男性精力剤とは、男性の立場は、勃起不全、中折れ、早漏や精力不足、ペニス短小、セックス回数が少ない方に役に立ちます。

レビトラはおもに男性の勃起不全、勃起機能問題、中折れ等の性機能問題を解決します。